ニュース

作家収入に関するガイダンス冊子

執筆した作品が書籍などの商品になると必ず発生するのが、対価として支払われる印税などのお金、つまり、『収入』です。

「印税ってよく聞くけど、どうやって計算する?」
「印税以外の収入って何がある?」
「収入にはどんな税金がかかる?」
「確定申告ってどうすればいい?」
などなど、作家業の収入に関する疑問は色々ありますが、それらに答えた、分かりやすい資料はあまり無く、ネット上では虚実入り乱れた情報が飛び交っているのが実状です。

そこで、今回、CONPYRAでは、商業作家として活動していくにあたって「これだけは知っておいてもらいたい」という基本的な知識をまとめたガイダンス冊子を作成しました。

『CONPYRAエージェント契約作家の皆さまへ 収入に関するガイダンス』

目次
◆作家活動で得られる収入
-出版印税
-原稿料・監修料・権利許諾料

◆税金・社会保険の種類
-所得税・消費税
-住民税・事業税・社会保険について

◆確定申告の基礎知識
-確定申告とは
-確定申告 やらないとどうなる?
-青色申告・白色申告
-申告の時期
-申告のために必要な書類
-経費について
-確定申告に必要な「帳簿」とは
-源泉徴収・税務調査とは

皆さんからよく質問を頂く項目を中心に、税理士監修のもと、簡単に分かりやすくまとめています。

今後、エージェント契約を結んだ作家の皆さんに本冊子をお渡ししていく予定です。ぜひ今後の活動の参考にして頂ければ幸いです。



CONPYRAでは、ブログや投稿サイトなどインターネット上で発表されている小説・漫画・エッセイなどの著作物の商品化を多数手がけています。ご興味をお持ちの方は、ご自身の著作物の掲載ページのURLを記載の上、お問い合わせよりご連絡ください。作家エージェント契約の内容については、作家・クリエイターの皆さまへをご覧ください。※契約には事前の審査があります。

一覧に戻る
  • twitter
  • Facebook